テーラーメイドSLDRアイアンとナイキVR_Sコバート2.0フォージドアイアン、7番アイアンを試打して比較してみた!

シェアする

テーラーメイドのSLDRアイアンと、ナイキのコバート2.0フォージドアイアン。2種類のクラブを試打できたので、計測して比較してみました!

スポンサーリンク

テーラーメイド SLDRアイアンとは?

7月3日に発売された、テーラーメイドの新作アイアンです。SLDRシリーズのドライバー、フェアウェイウッドにつづいて、今回はSLDRアイアンが新登場しました!

20140703-162718-59238612.jpg

テーラーメイドさん、相変わらず気合が入っているようで、何と8月31日まで、無料試打キャンペーンも開催中です!

無料試打キャンペーンの詳細ページはコチラ

製品スペックはこちらです。

sldr_spec

今回試打したのは

N.S PRO 930GH、硬さSシャフトの7番アイアン。ロフト角は32°、長さは36.75インチ、重量は5番アイアンで406グラムです。

ナイキ VR_Sコバート2.0 フォージドアイアンとは?

一方こちらは、ナイキのVR_Sコバート2.0 フォージドアイアン。2014年春の新作アイアンです。

20140703-162719-59239559.jpg

こちらのスペックは、以下から確認できます。

covert_spec

同じく7番アイアンを試打しました。

N.S PRO 950GH、硬さSシャフト。ロフト角は31°、長さは37インチ、重量は5番アイアンで407グラムです。

2種類の7番アイアンを、ざっと大まかに比較すると

ナイキ VR_Sコバート2.0 フォージドアイアンの方が「ロフト角が1度立っている」「長さが0.25インチ長い」「重量が1グラム重い」という違いです。わずかな違いと考えるかどうかは、微妙なところですねー。

早速、2種類の7番アイアンを試打してみた!

データを調べるには、正確な環境が大事ですよね。というわけで、最新式シミュレーター GOLFZON VISION を使用します!

vision

<試打条件はこちら>

● GOLFZON VISION、練習場モードを使用

● SLDRアイアン→コバート2.0アイアンの順番に、10球ずつ続けて打ちました

● 両方とも、デモ用の7番アイアン、スチールシャフト、硬さS

● 持ち球は基本的にドロー。 ドライバーのヘッドスピードは、45~46m/s

まずは、SLDRアイアンの試打結果から

20140703-162720-59240673.jpg

続いては、コバート2.0フォージドアイアン

20140703-162721-59241490.jpg

ちなみに、コバート2.0アイアンの後に、SLDRアイアンを再度打ちましたが、データ的には大きな違いはありませんでした。なので最初に計測したデータを、そのまま採用しました。

データと打った感触から、まとめてみよう

上記のデータを、ちょっと整理してみましょう。いくつかのキーワードが浮かび上がってきましたが、結論からいうと

ナイキ VR_Sコバート2.0 フォージドアイアンの方が、飛距離は5~6ヤード飛ぶ

代わりに、テーラーメイドSLDRアイアンの方がミスしても曲がりにくい 

●飛距離は、コバート2.0の方が出る

SLDR: キャリー154.5ヤード、総距離167.2ヤード、打ち出し角18.3度

コバート2.0: キャリー160.4ヤード、総距離173.4ヤード、打ち出し角17.8度

コバート2.0の方がロフトが1度立っていることもあり、打ち出し角が0.5度低く出て、飛距離は6ヤードほど飛びました

●サイドスピン量と曲がりは、SLDRの方が安定する

上記データの「サイドスピン」という項目において、L=左回転(ドロー系)、R=右回転(フェード系)という表示がでます。

数字が大きいほど、サイドスピンが多くて横に曲がる球で、ふじたん的には、7番アイアンにおいては、L=500くらいまでがドロー。500以上だと、フックや引っ掛けという解釈をしています。

SLDR: 10球中6球=ドロー、2球=フック、1球=フェード、1球=スライス

コバート2.0: 10球中4球=ドロー、3球=フック、2球=フェード、1球=スライス

明らかに、SLDRアイアンの方が左への大曲がりが少なく、安心してショットができる感覚でした。

●SLDRの方が、ヘッドが重たく感じる

感覚的な話としては、これが一番印象に残ったことです。トップから切り返す瞬間に、ヘッドの重さを感じ、余計な動きがなくて、上から下にストンと落ちるんですね。

なので、ヘッドの軌道が乱れずに、安心して直進性のある球を打てる気がしました。

●コバート2.0の方が、つかまりやすい

逆に、クラブのつかまりやすさという観点では、明らかにコバート2.0に軍配が上がりました。

一方で、SLDRの後に打つと、ヘッドがよく走りました。なので1球目は大きく左に引っ掛けて思わず「なんじゃこりゃ!?」と、声に出しちゃいました。

まとめ: 自分に合うクラブはどっち・・・?

実は私、ドライバーはナイキのコバート、UTはコバート2.0を愛用中です。なのでナイキユーザーとして、コバート2.0アイアン推しで考えていましたが

飛距離だけでなく方向性も含めた安定度という意味では、SLDRの方に軍配が上がりそうな気がします。そしてシャフトも、NSシリーズがいいのか、ダイナミックゴールドがいいのか。

ちょっとわからなくなってきちゃいました(笑)しばらく頭を冷やして、冷静に考え直してみます~。

とはいえ、こうやって2種類のクラブを検証できて、似ていると思っていたクラブも、実は全然違う!とわかってきたのは、ゴルフが上達してきた証拠かな・・・!?

テーラーメイド SLDRアイアンの詳細ページはこちら

ナイキ VR_Sコバート2.0フォージドアイアンの詳細ページはこちら

<ブログランキング>に参加しています。ぜひ応援いただけると嬉しいです!

 にほんブログ村 ゴルフブログへ 

Facebookに、Golfunのファンページを作りました!

このブログが気に入りましたら、ぜひ「いいね!」をお願いします(^^)