大分名物「琉球丼」発祥、二代目与一の琉球丼は関アジを使用!とにかく身がプリップリで美味しかった~

シェアする

大分県の名物郷土料理といえば、琉球丼。

その 「琉球丼の発祥」 といわれるお店に行ってきました!

スポンサーリンク

大分名物、琉球丼とは?

大分県佐伯市の旧・蒲江町や旧・米水津村地区の郷土料理。

一仕事を終えた漁師たちが、漁で獲れた魚を新鮮なうちに捌き

一口大に切って、しょうゆ・酒・砂糖をかけて

熱々のどんぶり飯にのせて豪快にがっつく、男のまかない料理。

魚は、アジ・サバ・ブリ・カンパチ・タイなどがよく使われます。

「琉球(りゅうきゅう)」というと、沖縄の郷土料理? と思いそうですが

由来ははっきりしていないそうで

琉球の漁師から調理法を伝えられたという説

千利休に由来するという説、など諸説があるそうです。

大分市内を散策すると、ほとんどの居酒屋で

「りゅうきゅう」「琉球丼」という文字を目にします。

それだけ地元民に愛されている料理なんでしょうね~。

二代目与一、お寿司と魚料理のお店を訪問

今回の出張中に訪問した居酒屋

Peace&あるばむ (このお店での素晴らしい出会いレポはこちら

このお店のオーナー、早川さんにオススメされた二軒のうちのひとつ

二代目与一 というお店を訪問しました!

20140531-134641-49601275.jpg

大分名物 元祖琉球丼という貼り紙がしてあります。

なんでもコチラのお店が、琉球丼発祥なんだとか!!

20140531-134642-49602171.jpg

お店自体は、寿司と海鮮料理が食べられます。

カウンターが10席ほどと

20140531-134643-49603027.jpg

テーブル席が30席ほど。

2Fには個室がたくさんあり、合計100名以上収容できます。

20140531-134643-49603885.jpg 

元祖琉球丼は、関アジを使用!

もちろん迷わず、琉球丼をオーダーしました!

「ご飯大盛りできます?」と聞くと、快諾してくれました(^^)

その場でアジの半身をさばいて~、タレと絡めて~

5分ほどして、琉球丼が目の前にやってきました!

20140531-134644-49604918.jpg

二代目与一の琉球丼は、なんと高級魚の 関アジを使用!

たっぷりの関アジの上に、その上にネギ、大葉、白ゴマ、海苔が載っています。

醤油タレは思っていたよりも甘めでした (これも九州ならでは)

とにかく関アジの身がプリップリなの!!

青魚の臭みもまーーったくなく、上品な丼という感じでした。

熱々のご飯でなかったのは、好みが分かれるところでしょうが

お寿司や海鮮丼と同じように、適温のお米だからこそ

魚の美味さが際立つんでしょうね~。すっごく納得。

関アジを使っているため、他のお店の琉球丼に比べると

500円~700円ほど高いですが、それを凌駕する美味しさでした!!

  

<ショップ情報>

二代目与一

住所: 大分県大分市中央町2-3-7

アクセス: JR大分駅から徒歩5分、若草公園近く

TEL: 097-532-4714

営業時間: 11時~22時、第1・第3月曜休み

いい記事でしたら、クリックいただけると励みになります!

 

  にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ  ブログランキング ドット ネット

ブログランキング  

ブログランキング