パットがわかるとゴルフのことがぜんぶわかる -山田透。ギネススコア55、オバマ大統領も欲しがった山田パター製作者の本は、実は人生指南書でした

シェアする

パットがわかるとゴルフのことがぜんぶわかる

何だかものすごいタイトルの本に出会いました。そして、その内容も・・・

スポンサーリンク

ギネススコアを導いた、山田パターとは

2012年5月、オーストラリアのライン・ギブソン選手が

ギネススコアの55ストロークをマークして、一躍有名に

その時にマークした、世界最小スコアがこちら

55stroke

このラウンドの際に使用していたのが、山田パター という製品です。 

この山田パターの製作者、山田透さんは

ジャズギタリストとしてアメリカ西海岸に渡った、27歳の時にゴルフに出会います。

1年半でハンディ1となり、ミニツアーにも出場

滞在中に、「TPミルズ」 という1本の美しいパターに魅せられてパター作りの道へ。

32歳の時に帰国後、レッスンプロの資格を取る傍らで

オリジナルの削り出しパター 「ヤマダ・ミルド・パター」

山形県の 「山田パター工房」 で削り続けているという方です。

そして、ギネススコアを出しただけでなく、あの世界一有名な方も・・・

オバマ大統領が日米首脳会談のお土産に指名したパター

20140509-092445.jpg

山田パターを一躍有名にしたのは、このニュースでしょう!

2013年2月、日米首脳会談の際に

オバマ大統領が安倍晋三首相にお土産として所望したパター

それが、山田パターなんです!

安倍総理の訪米前には、500本の注文を受けていたパターが

その後さらに、1日300本の注文が殺到するように!

 

パットがわかるとゴルフのことがぜんぶわかる

山田パターの製作者である、山田透さんによる本です。

タイトルだけを読むと

「パットがとにかくわかり、ゴルフが上達する」 そのメソッドを紹介する本

という印象を感じさせますが、それだけではありません。

「ヤマダ・ミルド・パター」という、世界で一つのオリジナルパターを作り続けてきた人による

ゴルフを通じた、ビジネス書・人生の指南書の要素が詰まっている一冊です!

キーワードは、「プロフェッショナル」「競争をしたくない」

本の中から、特に印象に残ったエッセンスをまとめましょう。

この人から感じるのは、とにかく 「プロフェッショナル」 という言葉。

その気持ちの根底には

「好きになったゴルフをどうしても続けたい。でも、圧倒的に上手い人がいる」

好きなことを続けていくためには、プロになること。

でも、プロゴルファーになってゴルフを続けていくことはかなり厳しいぞ、と考えさせた。

だからこそ、どのようにしてゴルフを続けるのかを考え抜き

そして、TPミルズというパターに出会うことができたんですね。

● ビジネスになること。お金にならないと続けられないんです。

プロにならなくちゃいけないんです。アマチュアだとお金を使うばかりだから。

● 自分がやりたいことをやる。

そのためには、自分がやりたいことの勉強をずぼらにしていたら、

自分に自信がなくて仕方がなくなります。それが、とてもイヤだったんです。

好きなことを続けていく。それには、まず、勉強です。

基本をしっかり身につけて、理論を頭の中に入れることなんです。

そして、プロになることなんです。お金を稼ぐことなんです。

そして、ビジネスや生き方の根底にあるのは 

「とにかく競争をしたくない」

● 他の会社とぜんぜん資本が違います。働いている人が違います。

そういう状況下で生き残れるのは、ひと握りの会社しかありません。

だとすると、やっぱりデザインとプログラミングと特許なんです。

マネーパワーもないし、マンパワーもないわけですから、そこで勝負したって勝てないんです。

● 競争をしたくないんです。

人が拘わりたくないような儲からない仕事かもしれません。

とても小さい角度だけど重要なことを論じていて、それが大きな結果になって表れるんです。

パッティングに関わる革命というか、新しいパッティング法を提案できたなんて言えば、

それは一個人として非常に大きな価値なんです。

だから、一生懸命になれるんです。

まとめ:世界で一番価値のある1センチを、ビジネスとして追求し続けた人

ゴルフの関わる仕事を一生したい!

(=ご自身の考える、●●という仕事に置き換えてみてください)

どのようなプロフェッショナルになれば、その想いが叶うのか。

パッティングという、世界で一番価値のある1センチを

ビジネスとしてとことん追求し続けた人による自伝に触れて、

とことん考え抜こうと、改めて実感させられた一冊でした!

山田透さんが考える、2メートルが必ず入るパッティング理論

その理論を叶える道具、ドリーム54がこちら (これはすぐに欲しい・・・)

山田パターの公式ホームページはこちら

山田透さんの考える、縦振り子ストロークのパッティング理論はこちら

いい記事でしたら、クリックいただけると励みになります!

 

  にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ  ブログランキング ドット ネット

ブログランキング  

ブログランキング