世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた -ムーギー・キム。東洋経済オンラインの超人気コラムからビジネスエリートを学ぶ本

シェアする

東洋経済オンラインの超人気コラムから生まれた

ビジネスパーソンとして突き抜けたい人向けの本を読んでみました。

スポンサーリンク

年間3000万PVの人気コラム「グローバルエリートは見た!」

東洋経済オンラインで連載中だったコラム

グローバルエリートは見た! 

コラムを書いていたのは

「投資銀行 → コンサル → 大手資産運用会社 

→ プライベート・エクイティ → MBA」

という、とにかく幅広い経歴を持つ、ムーギー・キムさん

年間3000万PVという、超人気の連載だったのですが

そして惜しまれつつ、2013年末をもって終了・・・。

ですが、同じ時期に1冊の本になって

しかもコラムよりもビジネス色が豊かな書籍になったんです!

世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた

世界中の一流MBAホルダーがこぞって志望する業界で、

計12年にわたって一流のトップエリートのみなさんの

「働き方」を目撃してきた著者ムーギー・キムさんが

「これはすごい!」という仕事術を、「これならマネできる!」という

どの業界や企業で働く人にも応用できる形でまとめた本です。

「すげーな・・・」 「次元が違うな・・・」

と思わずうなってしまう箇所も多いんですが

それでも参考になりそうなところを、どんどん吸収したくなります!

早速、吸収したいところを意識してみよう!

20140421-192622.jpg

● 本書のコンセプトは「インターテインメント」

「インターナショナル(国際性)」

+「インテレクチュアル(知的)」

+「エンターテインメント(恋愛や結婚の比喩で楽しく勉強)」

→ この発想はありそうでなかった!

これからの時代に突き抜けるために、間違いなく必要な要素ですね~。

● 信頼と評判を第一に大切にする

-「誠実で信頼できる」という評判こそ、パワーと人脈の源

自己ブランディングに細心の注意を払っており、

それとなく自分の仕事ぶりやサービスをフェイスブック上でもアピールし、

将来的な仕事につなげようとする。

→ 現在読み進めている、鳥居祐一さんの著作にも

ほぼ同じことが書かれていました!

複数の一流の人が言ってる内容にこそ、真理がある。

そう思っている身としては、とにかく心掛けたいところです。 

● 自分よりも圧倒的に偉い業界のドンとつながれる、

つまり「おやじころがし」の天才ほど、スピード出世する人はいない。

→ これはまだまだ苦手なところ。

「自分が役立てることってあるの?」 って尻込みする必要はないんだよね。

若手だからこそできることもあるし、

ガツガツした姿や「バカになる」ことが求められることって、多々ありますもんね!

● 何事も、人の関心が向かう分野を、先取りして勉強し、誰よりも先に発表せよ。

そうすると、中身や結果はどうであれ、「第一人者」の称号を得られる確率は高い。

「完璧さ」より「最初に動くこと」が報われるケースが多いことを肝に銘じておこう。

● 早寝、早起き、即リプライ

各業界の仕事も、とにかくわかりやすくイメージできます!

投資銀行、コンサル、資産運用会社、プライベート・エクイティ

ムーギー・キムさんが勤めてきた職種について

「一言で言うと」 という説明から入ります。

これが非常にわかりやすく、すんなりイメージできました!

学生の頃だったら、憧れの職種になったかもしれませんね~。

自分と全く畑違いの分野のビジネスエリートが

どのような働きぶりなのかが、よく分かる一冊でした!

いい記事でしたら、クリックいただけると励みになります!

 

  にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ  ブログランキング ドット ネット

ブログランキング  

ブログランキング

 


// ]]>