月いちゴルファーが、あっという間に80台で上がれる法 -久富章嗣、とにかく目からウロコの連続の一冊をぜひ読んでほしい!

シェアする

月いちゴルファーが、あっという間に80台で上がれる法 

なんてのがあれば、すぐにやってみたくないですか!?

スポンサーリンク

 

 なんて方に読んでほしい一冊を読んでみました。

 

 

<こんな本でした>

ゴルフ向学研究所所長の久富章嗣さん

(元日大ゴルフ部主将、アマチュアとして全英オープンの予選出場経験)

の著作を、「書斎のゴルフ」編集部がまとめたものです。

 

えっとですね~、この本を一言で表現するならば・・・

 

目からウロコの連続

 

80台で上がるためのゴルフとプロゴルファーのラウンドは

まったく別の世界なんだ~

 

ということに気づかされます。

そして、自分たちが期待をしすぎてラウンドしていることも(笑)

 

 

<この本で印象に残ったところ>

● 72のゴルフのプロが2オンを狙って

3オン1パットのゴルフになっているとすれば、

90切りの我々アマチュアは最初から2オンを狙わずに

3オンを狙ってプレーすればいいということ。

プロと同じ考え方、組み立ててパーを狙う。

だからいくつかのホールで大叩きをして、90が切れない。

 

● ナイスショットの確率が高いクラブを選びながら、

それでもミスショットを想定しながら、ミスが出てもめげずに

ショットをつないでボギーオンを果たす。

これが90を切るゴルフの基本なのです。

 

● 「アイアンの2番手アップ」には二つの効果があります。

フルショットをしなくなるということ、

次に低い弾道。つまり転がりの多いボールが打てるということ

スイングの大きさは変えないでゆっくり振ることが大切です。

例えば7番アイアンで120ヤードを打つ場合でも、

フルスイングの140ヤードのときと同じような大きさになります

 

● 長いランニングアプローチができるようになると、

グリーンが広くなったのと同じこと。

つまりアプローチがファーストパットになるわけです。

アプローチをロングパットと思えばいいわけで、

そうなればパーも増えるでしょう。

 

● 真っ直ぐのボールを覚えるより、

ドロー、フェードを打つほうが実はやさしいのです。

真っ直ぐなボールが正しいというのは単なる想像の産物で、

それが上達を邪魔しています。

実際にはそんなボールを打っている人はいないのに。

 

・・・そして、たくさんの非常識 が並んでいます。

 

クリーク+パターだけでのラウンド

全ホールでバンカーに入れることを目指したラウンド

150ヤードのドライバー

ウッドは両足中央より右にボールを置く

シャットフェースのバンカー脱出方法

・・・

 

とにかく、一回読んでみてください。

 

 

<こんな方におすすめ>

● パーもあればトリやダブルパーもあって、100前後で悩んでいる方

● 常に90を切るための考え方や練習方法を知りたい方

 

 

ちなみに文中で、帝王ジャック・二クラウスの言葉を紹介しています。

その言葉で締めくくって、あっという間に80台突入しましょう!

 

自分のドライバーの自然距離は240m(=約262ヤード)に設定している。

250から270m(約273ヤード~295ヤード)の可能性は常時あるが

その10から30mの余分な距離は不自然距離である。

90以上を叩くゴルファーの90%はこの不自然距離を常に夢見ている

 

 

いい記事でしたら、クリックいただけると励みになります!

 

  にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ  ブログランキング ドット ネット

ブログランキング  

ブログランキング