難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!-山崎元/大橋弘祐 | 銀行預金「だけ」から抜け出すキッカケ本【2017書評19】

シェアする

お金があると叶えたいことが増えるけど、お金を稼ぐことって難しい・・・。

スポンサーリンク

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

2017年19冊目の書評はこちら。

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

テレビにも多数出演している経済評論家の山崎元(やまざき はじめ)さんと、作家・編集者の大橋弘祐さんのコラボによる、お金について学ぶ初心者向けの本です。

お金ってどうするのがいいのか。お金を「増やす」ための投資信託のことだけでなく、年金とか保険とか、将来を「守る」観点からも色々な角度から、初心者の大橋弘祐さんと専門家の山崎元さんの掛け合い形式で進む本です。「素人にできるレベルで」というのが、この本自体の重要なキーワード。

まずは、銀行預金「だけ」の状況から抜け出そう

<この本が特にオススメな方>

・銀行預金だけの状態から抜け出したい方

・株式や投資信託に興味があるけど、何から始めればいいかわからない方

・確定拠出年金やiDeCo(イデコ)って何? (※この本を発刊した時点で、iDecoはまだ始まってなかったので記載はありませんが、間違いなくキッカケになります)

<この本を読むことで身につくこと>

・最低限のポイントを学んで「銀行預金+5%ぐらいの利回り」を目指す

・プロがやっている運用と「実は大差ない」方法を知れる

そしてどのように運用すればよいのか、おすすめの具体的な投資信託を二つ紹介し、また投資信託を買うときのポイントや、ネット証券の始め方、アクティブファンドとインデックスファンドの違いなど、本当に基本的なところから分かりやすく、画面やイラストを使いながら紹介してくれます。

無理せず着実に、家族や仲間と理解したい原則を深めよう

お金は、毎月必要な分だけ使う。あとは、何かあったときの「備え」として、最低限の金額は預金通帳に入れる(最低限=給料3か月分とか、近日中に大きな支出があるかとか、それぞれの方の価値観によります)、それ以外のお金は「安全運用資産」と「リスク運用資産」に分けながら、着実に運用する。この考えのキッカケとなる良書でした。

今、私の息子は小学5年生です。あと10年で成人になり、早くて6年後には自分でお給料を稼ぐようになります(16才からアルバイトなどを始めたとして)

僕が普段、本を読むときに意識していることの一つは「大人になった君のために、良書をたくさんプレゼントしよう」 当然、趣味嗜好は違うので強制はしません。ですが、人生訓や世の中の原理原則は吸収した上で、自分の進みたい海原をつき進んでほしい!と願っています。僕の父が、本を読むことを勧めてこなかったことの反面教師も、ちょっとだけあるかも。

そしてこの本は間違いなく「お金」に興味を持ってもらうための、きっかけとなる本。世の中の「原理原則」という観点では「バビロンの大富豪」「金持ち父さん貧乏父さん」の方が更に深いんですが、学んだことから具体的に一歩踏み出すための本として、この本が非常に活かせると確信できました!

<今回の本&学びになる本>

<ブログランキング>に参加しています。ぜひ応援いただけると嬉しいです!

 にほんブログ村 ゴルフブログへ 

Facebookに、Golfunのファンページを作りました!

このブログが気に入りましたら、ぜひ「いいね!」をお願いします(^^)