牛ちゃん恵比寿店 | 鹿児島発祥「炊き肉」を都内初上陸したお店で食す。美味はそのままお店が恵比寿仕様に

シェアする

鹿児島発祥の肉料理「炊き肉」を、都内で堪能してきました!

スポンサーリンク

炊き肉 牛ちゃん 恵比寿店

炊き肉。それは「焼肉」とも「すき焼き」とも「しゃぶしゃぶ」とも異なる、お肉を特注の鉄板で煮込みながら突っつく肉料理です。3月の鹿児島マラソンの際に、炊き肉発祥のお店にて味わってきました。

こちらの「牛ちゃん(ぎゅうちゃん)」は、鹿児島市内、福岡県小倉市、沖縄県那覇市などに5店舗あり、実は都内にも進出!会社の上司から食べに行きたいと指令(?)が入ったので、今回予約して訪問。

恵比寿駅西口を出て駒沢通りを代官山方面に歩くと、右側に小さな看板があります。そこを右折すると、お店が左手にあります。恵比寿駅から3〜4分くらい。

入口には、芸能界のグルメ王「アンジャッシュ渡部」さんがお出迎え。

牛ちゃん本店と恵比寿店の違い

同じ系列店でも、土地が変わるとお店の雰囲気もまったく変わりますねーーー。恵比寿店は、良くも悪くも恵比寿らしくオシャレで、鹿児島の本店とはいくつか違うところがありました。

・お店の雰囲気の違い

お店の外観も内装も違います。鹿児島本店が、仕事終わりに同僚(男性軍団)で行き狭い店内でワイワイ行く感じなら、恵比寿店はテーブル間が広めのゆったり空間をデートで使う感じ。

<恵比寿店>

<鹿児島本店>

・メニューの違い

鹿児島本店は「ほぼ炊き肉のみ!」で、他には焼肉メニューや一品料理が各6〜7品程度。一方で恵比寿店は、一品料理だけでも25〜30種類くらい。鹿児島本店が「炊き肉専門店」だとしたら、恵比寿店は「炊き肉ダイニングバー」という違いですね。

ということでまずは、ビールを飲みつつ一品料理を突っついて語らいます!

▽大人のポテトサラダ(500円)

▽鯛わた塩辛(480円)

これは酒のアテにめちゃくちゃ美味い! 瓶詰めをお店で売ってたら買っちゃいそう(笑)

▽プレミアム黒さつま(薩摩地鶏のタタキ)(1500円)

ぷりっぷりの薩摩地鶏!ただちょっと、この店でなくてもいい気がするw

▽黒さつまのユッケ(980円)

▽黒毛和牛炙り寿司(5貫500円)

こちらは食べログ、ホットペッパーなどのクーポンで利用可能です。4名以上の場合は「炙り和牛・霜降り馬肉・炙りはらみ・黒さつま鶏・うにく」の5貫プレゼントがありますが、こちらは事前予約必須(当日入店後ではNG・・・忘れてました><)

という感じで、お肉を中心とした一品料理をまずは堪能しましょう。そして・・・

〆はもちろん、炊き肉で!

一品料理をいくつか食べたら、もちろん〆は炊き肉です! 今日は4人で2人前をシェア。3種類から選べるトッピングは「カルビ・ロース・イカ」にしました(※単品での追加もいろいろできます)特注の鉄板は、鹿児島本店と同じ!

10分ほどしてグツグツ煮えてきたら、みんなで箸で突っつきながら食べます(^^)  A5ランクの和牛を使った、炊き肉の美味さは恵比寿店も一緒!

炊き肉を食べ終わったら、〆も待ってます。鹿児島本店では「うどん・ご飯の両方」なんですが、恵比寿店では「うどん「か」ご飯」。なのでうどんのみに(しくしく)

まとめ:美味しいんだけど、疑問も多い

率直な感想は「なんで恵比寿にこのスタイルで出店したんだろう・・・?」

炊き肉も一品料理も、期待どおりに美味しいんです!ただ土地代も踏まえてか、全体的に料金が高めで、がっつり一品料理も頼んで飲み食いすると、客単価は5000円〜6000円ほど。あと1000円安ければなー。

五反田や上野あたりで、本店のガヤガヤした良さを残しつつサラリーマン向けにするか、あるいは、もっと若者向けに内装をシンプルにして普段使いできる方が「炊き肉」の良さが生きる気がしました!

やっぱり、また鹿児島に食べに行きたい!(笑)

関連ランキング:居酒屋 | 恵比寿駅代官山駅中目黒駅

<ブログランキング>に参加しています。ぜひ応援いただけると嬉しいです!

 にほんブログ村 ゴルフブログへ 

Facebookに、Golfunのファンページを作りました!

このブログが気に入りましたら、ぜひ「いいね!」をお願いします(^^)