INAZUMA DINING | 六本木発「ビール醸造所併設」のビアバーで夕方からサクっと。ワインとビールを合わせた一杯に酔った~

シェアする

六本木の住宅街に突如できたビアバーにて、夕方からサクッと一杯飲んできました。

スポンサーリンク

INAZUMA DINING、六本木の住宅街にビアバー

先日、月1回の立花B・ブログ・ブランディング塾の最終回でした。その帰り道のこと。いつも通る場所に、何やら見慣れないお店が。

まわりは本当に閑静な住宅街のこの場所は、六本木駅から外苑東通りを東京タワー方面へ。左側に「ドン・キホーテ」をみながら直進し「和菓子の青野」を過ぎて、大きな駐車場と「ホブゴブリン六本木(Hobgoblin Roppongi)」のある場所を左折。そこから2分ほど直進するとあります。

INAZUMA DINING という、2017年4月10日にオープンしたお店。クラフトビールを10種類と肉料理を用意してます。最初「イマムラダイニング?(今村さんという方のお店?」と読み違えましたが、黄色い「Z」の稲妻で「イナズマダイニング」と読みます。

「サクっと一杯だけでもいいですよ」とのことで、次の予定まで30分ほど時間があったので立ち寄ってみることに。階段を下りて地下1Fに行くと、カウンター席、2名テーブル×2席、4名テーブル×1席があります。

Heretic、ビール×ワインを合わせたビールで酩酊(笑)

この日のビールは、全部で10種類。デンマーク、イタリア、アメリカ、日本の4か国のラインナップです。ちなみに、1杯820円~1080円。

「サクッと一杯、どれがオススメですか」と確認すると、Hereticというビールを紹介いただきました。ペルジャンゴールデンエールをシャルドネ樽で熟成してて、ワインとビールの複雑なアロマを味わえる一杯とのこと。

このビール、とにかく危険・・・。ワインが苦手な僕でも飲みやすく、アルコール度数9.8%と高め。まさしくビールとワインの中間で、すきっ腹に1杯飲んだら一気に酔いが回り、抜け始めるまで数時間。いやーーー、美味いし悪酔いするわ~(学生の頃に知ってたら・・・恐ろしい笑)

ビール醸造所ができたら、またテラスで飲みたい!

INAZUMA DINING。こちらのお店の売りは、何といっても「六本木の住宅街にできるビール醸造所」です。この醸造所は、1Fにて準備中!免許が通って設備が完成したら、ビールを造りはじめられるみたい。

お店は夕方だけでなく、ランチはローストビーフ丼やパスタが味わえます。そして土日祝はランチ~夜まで、通しでの営業となります。

ちょっと早めの夕方に地ビールを飲みながら、テラスでゆっくり語らいあう。そして、バックパックを背負った外国人の方もたくさん通る場所にあるお店。なんだかここから楽しい異文化交流が始まりそうですね。

六本木の街にてこれからどんな進化を遂げていくのか、楽しみなお店でした(^^)

関連ランキング:ビアバー | 六本木一丁目駅六本木駅麻布十番駅

INAZUMA DINING 公式Facebookページ

<ブログランキング>に参加しています。ぜひ応援いただけると嬉しいです!

 にほんブログ村 ゴルフブログへ 

Facebookに、Golfunのファンページを作りました!

このブログが気に入りましたら、ぜひ「いいね!」をお願いします(^^)