よく眠るための科学が教える10の秘密 リチャード・ワイズマン著:眠りを科学的にトコトン考えた楽しい一冊【2017書評7】

シェアする

充実した一日を過ごすためには、しっかりとした睡眠から。

2017年の学びテーマの一つ、睡眠を研究中です。

スポンサーリンク

2017年7冊目の書評を更新しました。

■よく眠るための科学が教える10の秘密

今回取り上げたのは、この本です。

著者のリチャード・ワイズマン(Richard Wiseman)さんは、

イギリス・ハートフォードシャー大学の教授(心理学)

-Wikipediaより参照

日本でも自己啓発の分野を中心に、

2011年ごろから著作が出ている方ですね。

20代前半のころは、なんとプロのマジシャンだったそうです。

とにかく有名なのが「膨大なリサーチ量」

過去に3冊ほど読みましたが、よくもまぁこんなに調べるなぁ

と毎回感心させられてしまう方です。

そんなリチャード・ワイズマンさんの著作とあれば

これはとにかく楽しみ!

■眠りに関する「?」がトコトン解明される本

この本を読んで「睡眠の質を劇的に良くしたい!」という方には

この本はあまりおすすめできません

正直なところ、睡眠の質を高める専門書ではないんです。

睡眠に関する本を何冊か読んだあとに読むと、一層理解が深まる本

この本を取っかかりとして読むと・・・科学的すぎてちょっと飽きます(笑)

こんなことを知りたい方には、興味深い内容が満載!

しかも裏づけとなる情報量がたくさんなんです!

============

・十代の思春期の時って、何で朝にベッドから起き上がれないんだろう・・・?

・人類の限界まで眠らずにいると、どうなるんだろう・・・?

(ちなみに世界最長不眠記録は、なんと十一日間だそうです!)

・睡眠不足になると、肥満になりやすくなるって本当?

・多相睡眠(=断続的に短い睡眠をとり続けること。例:4時間ごとに20分ずつ6回の睡眠)

ずっと取り続けることってできるの?

・羊を数え続けると、本当にすぐにぐっすり眠れる?

・スリープラーニングのCDで、眠っているあいだに本当に外国語が上達するの?

・起床時間ごとに昼寝に適した時間帯がある。その時間帯っていつ?

(起床時間が朝6:00から朝9:00まで、30分ごとにまとめています)

============

などなど。よくもまぁいろんな観点から調べたなぁ。

やっぱりワイズマン博士には尊敬の念しかでません。

■質の高いスーパースリープは、五つの助言に従おう

睡眠の質を高める内容も、もちろん紹介しています。

その内容だけを読みたい!という方であれば

レッスン3を真っ先に読みましょう。むしろココだけでいいかも。

===========

1、自分用のコウモリの洞窟を確保する

寝室はできるだけ暗くする。寝室の温度は摂氏十八度くらいに

2、昼間の過ごし方

頭を疲れさせる眠くなる。行ったことのない美術館やギャラリーを訪れる。

3、ベッドに入る前の時間の使い方

ゆっくり風呂に浸かる、ほのかなラベンダーの香りを漂わせる

4、眠りに落ちる方法

5、夜中に目が覚めたときの対処法

===========

これらは、睡眠における原理原則な内容でしたね。

大体の内容は、本やテレビで見聞きした内容なんですが復習できるので

改めて自分の習慣として落とし込みましょう。

僕は1つのテーマを集中して読むときは

最低5冊はまとめて読みます(できるかぎり、異なる著者の本を)

複数人が同じ内容を言っている=その分野における原理原則

その人だけが言っている=その人独自の理論であり、幅を広げる内容

ということを把握するためのまとめ読みですね。

睡眠に関しても、今読み始めたばかり。

これからもう何冊か一気に読み、毎日の活動量をより増やしていきます!

いい記事でしたら、クリックいただけると励みになります!

 

  にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ  ブログランキング ドット ネット

ブログランキング  


Facebookに、Golfunのファンページを作りました!

下の画像をクリックして「いいね」をしてください!

「いいね」が増えるとテンションが上がって、更にいい記事を書く励みになります(^^)