牛角ワイキキ店。ハッピーアワーがめっちゃ安くて狙い目!日本の有名店と変わらない焼肉をワイキキのど真ん中で食す

シェアする

 9月末のとある日のこと。

3泊5日のホノルル出張に行ってきました。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

旅先でも、仕事も食事もとことん充実させるのが、私のポリシー。

今回、現地でお世話になった方に、ワイキキのど真ん中で

日本の有名焼肉チェーン店、牛角に連れていっていただきました!

img_2673 

 

 

 

■牛角ワイキキ店 (Gyu-Kaku Waikiki)

 

日本の大手焼肉チェーン、あの牛角。

実はハワイにもお店があるんですねー。

ワイキキ店、カピオラニ店(アラモアナセンターから歩5分ほど)の2店舗あり

今回はワイキキ店を訪問してきました。

 

お店の場所は、ルワーズ通り沿いにあります。

DFS(Tギャラリア)のすぐ近く、ロイヤルハワイアン通りより

1本アラモアナ方面にある通りです。

1080_shop_map11 

※ハワイのクーポンマガジン、KauKauWeb さんより拝借 

 

土曜日19時時点で、外まで行列ができてました。

予約する方がベターでしょうね~。

img_2725

 

まずはタワーピッチャーで乾杯〜。

ジョッキ6杯くらい入る量の高さでした。これはインパクト大!

img_2731

 

日本のビール銘柄は、キリン一番搾りとアサヒスーパードライ。

なぜか一番搾りの方が、0.5ドルほど安かった(流通の違いなのかな・・・?)

img_2734

 

 

 

■日本と変わらない、定番の焼肉メニューが揃ってます

 

肝心の焼肉メニューはこちら。

すべて、英語&日本語の両方で表記です。

menu2 

 

カルビ、ハラミ、中落ちカルビ、牛タンなど

いわゆる定番メニューの牛肉が15種類ほどあります。

img_2735 

 

タレは3種類。

甘めの醤油タレ、辛味噌タレ、塩ダレがあります。

 グリルもそのまんまで、頼めば網もちゃんと交換してくれます。 

img_2738

 

前菜メニューはこちら。

枝豆、キムチ、ナムルなどの定番メニューに加えて

アヒポキ、カラマリフライ、水餃子とか

ローカル&中華/韓国系の居酒屋メニューが多め。

menu1 

 

 

 

■日本そのまんまの味!予算は1人40〜50ドル

 

実際に食した感想は、至ってシンプル 

よくも悪くも、日本の牛角と変わりません(笑)

 

お肉の質も、ワイワイガヤガヤな雰囲気も。

img_2733

 

大人6人で、前菜→お肉→石焼ビビンバを

たっぷり飲み食いして、

ビールのピッチャーを2杯あけて

 

全部合わせて250ドルくらい

チップを入れて、290ドルでした(15〜20%が相場)

 

 

1ドル100円強だとして、およそ3万円くらい。

なので1人あたり、5000円くらいです。

この辺も日本と変わらないでしょ(笑)

 

 

 

■実は、ハッピーアワーがめっちゃお得!!

 

ただ日本にはない、ホノルル店の一番のポイントが。

 

飲み物だけでなく、食事も含めて

ハッピーアワーがすっごくお得なんです!!

img_2726

 

しかもこのハッピーアワー(タイムサービス)が長くて、

11:30~18:30、21:30~23:30と、ランチ&ディナーの両方でやってます。

 

 

ディナータイムのハッピーアワーだと

約50種類の食事メニューが、各1〜3ドル安くなります。

 

キリン一番搾りのピッチャーに至っては

16.95ドル→9.50ドルと大幅にディスカウント。

約6杯入るので、ジョッキ1杯で1.6ドルという破格の安さに!

 

 

ちょっと時間をズラしたディナーにすると 

おそらく、1人あたり10ドル前後変わるでしょうね~。

タイムサービスもぜひ有効活用してみてくださいね(*^^*)

 

 

<レストラン情報>

牛角ワイキキ店 (Gyu-Kaku Waikiki)

住所: 307 Lewers St. Honolulu, HI 96815

アクセス: ワイキキDFSから徒歩1分

営業時間: 11:30~23:30、定休なし

ハッピーアワー: 11:30~18:30、21:30~23:30

こちらからWeb予約もできます!

 

 

いい記事でしたら、クリックいただけると励みになります!

 

  にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ  ブログランキング ドット ネット

ブログランキング  



Facebookに、Golfunのファンページを作りました!

下の画像をクリックして「いいね」をしてください!

「いいね」が増えるとテンションが上がって、更にいい記事を書く励みになります(^^)