フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉-原晋。スーっと腹落ちする部長以下のビジネスマンに学びの大きい一冊

シェアする

2015年、2016年と箱根駅伝で連覇した、青山学院大学。

その監督が選手を導いたものを、本から学びました。

スポンサーリンク

フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉

写真 2016-02-07 11 51 37

今回読んだのは、こちらの本です。

フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉

著者であり、青山学院大学陸上競技部監督である、原晋さん。

元々陸上競技選手で、中国電力での競技生活を引退後

同社でビジネスマンとして再スタートされた方です。

中国電力でサラリーマン生活をしていたのは

色々なスポーツドキュメンタリーで知ってましたが

実は、高校駅伝で2015年に男女アベック優勝した、世羅高校の陸上部出身だったんですね。

(野球でいうと、PL学園や横浜高校のような超名門)

2003年に青山学院大学陸上部の監督に就任し

2009年には33年ぶりの箱根駅伝出場。

ついに、2015年にぶっちぎりでの青学史上初の箱根駅伝総合優勝、16年に連覇を果たしました。

箱根とまったく無縁だった大学の監督に就任し、

どのように最強のチームを作り上げたのか。

そのエッセンスが詰まっている本です。

・・・ちなみに、ふじたんは法政大学出身。

2年ぶりの箱根駅伝本選出場で喜んでるのが悲しい・・・><

ビジネスの基本を陸上に持ち込んだ一冊

冒頭のプロローグにエッセンスが詰まっています。

営業マンとしての実績を積み重ねる過程で、

チームをつくり上げるにはなにが必要なのか、なにから手をつけていけばいいのか、

人を育てるとはどういうことなのかなど、たくさんのことを学んだ。

それをスポーツの現場に持ち込めば成功するのではないかと思っていたのです。

このように、今日の青学陸上競技部は、

世の中にあるビジネスノウハウを活用して築き上げられました。

なるほどねー。思わず納得してしまいます。

そして更に、各章のタイトルが実によく考えられたキーワードだなぁと感心します。

第1章 チームで結果を出し続ける

第2章 伸びる人材を見極める

第3章 潜在能力を引き出す

第4章 人間力を育む

第5章 周囲を巻き込んで力に変える

久保田和真選手、神野大地選手、一色恭志選手、小椋裕介選手の

4大エースが取り上げられがちですが

メンバーに選ばれるかどうかの当落線上に、すごく厚い選手層

いかに、一人のスーパーエースを輩出することよりも

チームとしての成長を促すかを意識したのかが伝わります。

特に部長や課長、マネージャーの層に刺さる

チームにおける役割と資質として

キャプテン、マネージャー、寮長、学年長と、それぞれに分けて紹介しています。

写真 2016-02-15 6 45 08

キャプテン=部長、マネージャー=課長、学年長=主任

それぞれに置き換えると、実にしっくりくる内容が多かったです。

特に印象的だったキーワードをいくつか。

● 私がキャプテンに求めるのは、チームの空気を変えられるかどうか

● それまで結果が出せていない、弱小の組織やチームでまずやるべきこと。

それは、「自分たちの核となることを全員に徹底させる」ことです。

陸上界で最も基本となる核は、規則正しい生活です。

● 長距離選手と短距離選手では性格にも違いがあります。

長距離選手はコツコツと努力する真面目さを持っていますが、

短距離選手は華やかで、どちらかといえばやんちゃです。

ビジネスマンでいうと、短期勝負は得意だが、長期でコツコツと目標を達成するのは苦手なタイプです。

私としては、どちらの要素もある選手が伸びるという考えなので、

真面目さを持つ部員が、「チャラい」といわれる明るさを出している姿には、

おおいに期待してしまうというわけです。

もう一つ必見なのが、目標管理シートの書き方を教えてくれます。

実例として、神野大地選手の「9月・駅伝シーズンに向けて」という

1か月の目標管理シートを紹介。

とにかく、目標を明確に描き、一つ一つの基本を徹底することの

大切さがたくさん詰まっている管理シートでした。

これはぜひ、本を手に取ってみてくださいね!

全体として、すごく読みやすいビジネス書の一冊でした!

いい記事でしたら、クリックいただけると励みになります!

 

  にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ  ブログランキング ドット ネット

ブログランキング  


Facebookに、Golfunのファンページを作りました!

下の画像をクリックして「いいね」をしてください!

「いいね」が増えるとテンションが上がって、更にいい記事を書く励みになります(^^)