ミシュランガイド東京2016を超真剣に読んでみた。参考になるけど賛否両論と突っ込みどころが満載の本でした。

シェアする

我が家では今年、結婚10周年を迎えます。

何かサプライズをしたいなぁと、情報集めの最中です。

スポンサーリンク

そしてネタ探しの参考として、あの有名な本をチェックしてみることに。

ミシュランガイド東京2016

サプライズの候補の一つは

普段行けない場所に行くこと。

記念日だからこその、感動にあふれるお店で過ごすこと。

「そうだ、自分の視野を広げてみよう!」ということで

この機会に兼ねてから気になってた

ミシュランガイドを読んでみることにしました。

実はミシュランガイドの日本版って、結構な種類があるんです。

東京、京都・大阪、兵庫、横浜・川崎・湘南、福岡・佐賀、北海道など

大都市圏を中心に、各地のミシュランガイドがあります。

まずは、地元東京都のレストランをチェック!

ということで今回は、ミシュランガイド東京2016 を手に取りました。

ちなみに2008年から毎年刊行されてます。

ど真剣に読み、リーズナブルで美味しいもの探し

写真 2016-02-14 21 12 09

まず思ったこと。

・・・目次だけでお腹いっぱい(笑)

ミシュランガイドの紹介

三つ星、二つ星、一つ星の店

ビブグルマン(5,000円以下で特におすすめの食事を提供する店)

23区内のエリア別

和食、フランス料理、寿司などジャンル別

・・・としばらくの間、目次がず~っと続きます。

106ページ目にして、はじめてレストランが登場します。

たぶんこのレイアウト、極力わかりやすくしたいんだと思います。

とはいえ、目次だけで「ふぅ、結構読んだな」という気になります(笑)

で、ここから先は1ページに2店舗ずつ

280ページほど紹介が続きます。

この約560軒のレストランを、料理のジャンルやエリアは一切関係なく

「あいうえお順」で紹介してます。

三つ星 → 二つ星 → 一つ星とチェックし

その後に全ページ読みました。

「ここは行きたい!」店をポストイット貼りながら。

全部で1.5時間くらいかかりました。

そこいらのビジネス書より、読むのに時間かかります(笑)

賛否両論がすっごく分かれそうなガイド本

ミシュランガイド東京2016、実際に読破して思ったこと。

この本、合う人合わないが分かれるだろうなぁー。

大まかにいうと、こんな風に分けられるでしょうか。

ミシュランガイドが合う人(好みそうな人)

・ 格付やブランドにこだわる人

・ 値段に関係なく、最高の料理を欲する人

・ 活字で店や料理のストーリーを知りたい人

ミシュランガイドが合わない人

・ 高いものが美味いのは当たり前と思う人

・ コスパを上回る最高の料理を求める人

・ 活字ではなく、写真やレイアウトで楽しみたい人

・ 23区郊外でお店を探す人(23区内しかありません)

で、最大の突っ込みどころ(あくまで私見ですが)

三つ星レストランが偏りすぎ なんですね。

13軒の三つ星レストランの内訳を見てみると

7軒・・・日本料理

3軒・・・寿司

2軒・・・フランス料理

1軒・・・ふぐ

以上なんです。

星の基準として、本には以下のように書かれてます(24ページ目から抜粋)

星は料理そのものに与えられる評価です。

すなわち、店の雰囲気、サービス、快適さは、星の評価基準に含まれていません。

これ、ホントかなぁ・・・?(笑)

ほぼ全てのお店で、夜は1.5万円以上かかります。

逆に、1万円以下のお店で三つ星レストランはありません。

料理だけでいえば、すっごく感動するお店もたくさんあると思うけどなぁ。

なので、あくまで飲食業界の方にはステータスの一つかと思いますが

ミシュランガイドを頼りにグルメ処を探すというよりも

どうしても気になったお店だけ記録して、機会があるときに行ってみる。 

僕はそういう活用方法にすることにしました。

今度は、横浜・川崎・湘南編も読んでみて

色んなシーンに合ったレストランの引き出しをもう少し増やそうと思います。

いい記事でしたら、クリックいただけると励みになります!

 

  にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ  ブログランキング ドット ネット

ブログランキング  

Facebookに、Golfunのファンページを作りました!

下の画像をクリックして「いいね」をしてください!

「いいね」が増えるとテンションが上がって、更にいい記事を書く励みになります(^^)