公園でゴルフのアプローチ練習!小学生の息子と一緒に実験してみたら、楽しく安全に親子で遊びながらできると確信!

シェアする

子どもと一緒に、ゴルフのアプローチ練習をとことんやりたい!

公園で安全な練習が可能かどうか、実験してみました!

スポンサーリンク

手軽にアプローチ練習で遊びたい!

グリーン周りが上手くなると、ゴルフのスコア上達につながる。

頭ではわかっていても、ゴルフ練習場でアプローチ練習って

すぐ飽きちゃうし、ボール代が勿体ないって思いがちですよね(笑)

それなら、子どもと一緒に遊びながらついでにアプローチ練習もしちゃおう!

ふと思いついたので、用具を集めて実験してみることにしました!

柔らかいボールとゴルフ用マットを用意

以前に、アプローチ練習用の人工芝マットとカゴは購入して

室内でできる環境はあるので、今回はボールを追加手配。

<参考記事>

室内でアプローチ練習、はじめてみました。自宅でゴルフ、しかも15ヤード以内の集中力がつくと確信!
ゴルフの上達のためには、グリーン周りのアプローチ強化! ということで、自宅の室内に練習環境をつくってみました。

もともと持っていたネットと人工芝に加えて

IMG_2381

室内用の最大飛距離30mのスポンジボール(スピナーボール)に加えて

最大飛距離50mのゴムボールを買ってみました。

これで自宅より大きい公園でも、いろんな距離のアプローチ練習ができそう!

写真 2016-01-17 13 46 49

近くの公園で実験!果たして、アプローチ練習は可能!?

誰もいない時間を見計らって、自宅の近所の公園へGO!

約20m四方で、街中によくある大きさです。

今回はここを広々と使って、やってみますよ〜。

約10ヤード先にカゴを置いて、そこに向かって打ちました。

写真 2016-01-17 13 55 36

動画の方がイメージ湧きやすいので、いくつかまとめてみました!

振り幅を見ながら、参考にしてみてください~(^^)

1、アプローチ練習の様子

2、最大飛距離30mボールと50mボールの比較(一応、同じ振り幅のつもりw) 

ちなみに、最大飛距離50mのボールをSWでフルショットしたら

およそ25ヤードの飛距離が出ました。

(バドミントンのシャトルみたいに、途中で失速しますw)

結論:子どもと一緒に、公園で楽しくゴルフ練習ができる!

公園で遊びながら、アプローチ練習は可能!!

子ども的には、父ちゃんと一緒に的入れ遊びができ

そして何より、普段なかなか練習できない

グリーンを外したときの20〜30ヤードのアプローチ練習ができます。

父ちゃんも嬉しい外遊び!!

写真 2016-01-17 14 12 01

僕のイメージでは、公園で親子キャッチボールするのに近いです。

それくらい、気軽に手軽に楽しめました(*^^*)

これからの週末レジャーとして、また一つ遊びが増えましたよ♪

個人的な感覚としては、以下がオススメです。

風の抵抗とかを気にせず、振り幅とスイングに集中して練習するためには

練習ネット(カゴ)までの距離5mぐらい → 最大飛距離30mボール

それ以上の距離 → 最大飛距離50mボール

※クラブを振り回すのは危険なことなので

小さい子どもがいない時とか、周りには配慮しましょうね!

あくまで、みなさんの公園の条例にしたがってくださいね。

今回、使用したものはコチラ! 参考にしてみてください。

↓   ↓   ↓

いい記事でしたら、クリックいただけると励みになります!

 

  にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ  ブログランキング ドット ネット

ブログランキング  


Facebookに、Golfunのファンページを作りました!

下の画像をクリックして「いいね」をしてください!

「いいね」が増えるとテンションが上がって、更にいい記事を書く励みになります(^^)