アンソニー・ロビンズの運命を動かす -1年のはじまり、毎日ワクワクするようなすごい目標のために頑張りたい!そう強く願えた一冊

シェアする

2016年のスタートダッシュを切りたい!

そう強く願った、新年1冊目の読書はこちらの本を読みました。

スポンサーリンク

きっかけは、鳥居祐一さんのメルマガから

世界No.1のコーチとして著名な、アンソニー・ロビンズさん。

ビル・クリントン前大統領、 世界的投資家のジョージ・ソロス、

俳優のアンソニー・ホプキンス、 テニス選手のアンドレ・アガシなど

たくさんの世界的な著名人や第一人者が、コーチングを受けたという方です。

以前に何度か本を読んだことはあったんですが、

改めて読もうと思ったのは、2015年の年末に読んだ

鳥居祐一さんのメールマガジン

ポジティブ・ライフスタイルのススメ から

鳥居祐一さんとは、2013年の「人脈塾」交流会に参加させていただき

それ以来、何度かイベントに顔を出させてもらっています。

写真 2013-10-02 21 08 00

ちなみに左は、「読んだら忘れない読書術」

など多数の著作実績がある、精神科医の樺沢紫苑さん

鳥居祐一さんのメルマガ、大晦日は毎年恒例で

ビジネス書の年間TOP10を紹介するんですね。

そして、2014年の第1位として挙がってたのが、こちらの本だったんです。

数多くの書籍がある中で、成功者がオススメする本や

著作の中で参考文献や事例として紹介する本

僕は、こういう本をとても大事にしてます。

人生の先を行く方たちが、すでに読んで実践した中で

特にいいエッセンスを紹介してくれている、そう信じているから。

ちょうど年始にじっくり読んでみようと思ったので、調達してみました!

アンソニー・ロビンズの運命を動かす

写真 2016-01-11 0 31 28 (HDR)

2007年に出版された、「一瞬で「自分の夢」を実現する法」

という著作を改訂した一冊だそうです。

コチラの本は、今まで読んだことがなかったので迷わず購入。

冒頭の紹介文で、本田健さんが紹介しているように

アンソニー・ロビンズさんの不朽の名作という一冊です。

ざっと目次から読んだ瞬間に

あぁ、これは速読するタイプの本ではない。

じっくり自分に投げかけながら読もう。そこから行動しよう

そんな気持ちにさせてくれる一冊です。

感情をマスターしよう! あらゆる視点から響いてきます

いくつか、とくに印象に残ったキーワードを出してみましょう。

● 望み通りの結果が手に入らない原因の一つは、

パワーを一点に集中させられないことにある。

多くの人は、何事もちょっとかじってみるだけで、

何かとことん追求してマスターする気などない。

● これからの十年をどう過ごしていくか。

十年後の自分のために、今日何をすべきか。

● 変化を長続きさせるためには、

変化を起こした直後に、元に戻らないよう補強する必要がある。

● 「よい状態」を「最高の状態」に変えてしまう、

目の覚めるような新しい言葉を見つけること。

ちょうどいい → サイコーの

速い → 飛ぶような

すごい → 目の玉が飛び出る etc、etc

すべてに共通して言えること。 それは、

自分の感情をマスターしよう

感情の浮き沈みは、いわば季節の移り変わりのようなもので、必ず起こること。

その時に、やってきた環境にどう対応するかで

その後の行動が変わりますよね。それを、あらゆる角度から届けてきます!

自分自身について、家族や大切な人との関係、ビジネス面

それぞれのシーンに置き換えることができ

イメージを膨らませながら、そして気持ちを昂らせながら読みました!

毎日、ワクワクするようなすごい目標のために頑張ろう

そして、最後に訴えかけてくるのが

ワクワクするようなすごい目標のために頑張ろう

途中で読むのをリタイヤしたくなったとしても

積ん読にしてしまう場合でも、第10章のワークだけは実行してください!

ここの一つ一つのワークが、2016年の自分

そして、5年後、10年後、未来につづく行動をつくりますよ。

<特に、こんな方におススメ!>

● 何をやりたいかわからない・・・、迷ったり途方に暮れてしまった方

● 自分の感情をコントロールする、いい質問をマスターしたい方

● 一年一生の目標を再設定したい方

 いい記事でしたら、クリックいただけると励みになります!

 

  にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ  ブログランキング ドット ネット

ブログランキング  


Facebookに、Golfunのファンページを作りました!

下の画像をクリックして「いいね」をしてください!

「いいね」が増えるとテンションが上がって、更にいい記事を書く励みになります(^^)