10kmランで自己ベスト更新! 極寒で走るときほどストレッチとTシャツが大事だと分かったラン 【横浜マラソンまで53日】

シェアする

横浜マラソンまであと2か月を切りました。

天気が悪かったり、休日出勤だったりして、走れない日々が続きました。

スポンサーリンク

とはいえ、何とかして走らないと、目標のサブ3.5には近づかない!!

昨日の仕事終わりに、2度ほどの極寒の中でランニングです!

10kmランで、自己ベストを11秒更新!

ということで、一週間ぶりのランニング。

久しぶりに10km走でのタイムトライアルです。効果測定のようなものですね。

過去の自己ベストは48分07秒(キロ4分49秒ほど)でしたが

今回は47分56秒で、自己ベストを11秒更新できました~!

150123

とはいえ、前の記録は12月下旬に出したものなので

3週間ほどのあいだに、10秒しか更新できなかったのも事実。

ペースが思いのほか上がらないランニング中に

どうしてなんだろう・・・とあーだこーだ考えていました。

で、わかったことや気づいたことを、備忘録として整理してみます!

極寒で走って気がついた、ペースが上がらない理由?

キロ4分50秒ほどのイーブンペースで走り

最後にペースアップして、47分30秒くらいで走り切る。

最初はそんなイメージだったんですが、なかなかペースが上がらず

4kmぐらいからペースは上がりましたが、とにかくしんどいランニングでした。

その理由は、いつもとあまりにも異なる環境だったから。

・ 寒すぎてストライドが伸びない

最初にいつも通りに準備体操をして走り出しましたが

零度に近い環境のために、とにかく身体が温まらない。

特にその影響が出たのが、股関節

いつもと同じ走り方をしているつもりなのに、明らかに脚の歩幅がいつもよりも短い。

一歩一歩が短い分、歩幅を伸ばそうとして余計なエネルギーを使う。

股関節の柔軟をじっくり多めにやって、温めとく必要があるんですね~。

・ 長袖Tシャツがピタっとしていないと、向かい風を受ける

普段走っているコースって、川沿いの河川敷の往復なんです。

ということは、行きと帰りで風の受け方が変わり

最初が向かい風でも、折り返しからは追い風になるもの。

なのに昨日は・・・常に向かい風(笑)

風向きがコロコロ変わってるわけではないのに、ほぼずっと同じ感覚でした。

その理由を振り返ってみると、明らかにいつもと違うのは=長袖Tシャツ

長袖のコンプレッションウェアがないので

普段使いのTシャツ(ロンT)を使用したんですが、

腕周りがゆるゆるで表面積が大きい分、風の影響を受けるんですねー。

2b1f55c7e3fa7184a2961cd103ae198c 

マラソンにおいて、シューズの大切さは意識していましたが

服装によっても、風の受け方が大きく違うとは!

思いもよらぬ発見があり、また一つ学ぶことができました。

マラソン用のTシャツは、速乾性だけでなく、風も踏まえた一枚が大事ですね!

いい記事でしたら、クリックいただけると励みになります!

 

  にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ  ブログランキング ドット ネット

ブログランキング  



Facebookに、Golfunのファンページを作りました!

下の画像をクリックして「いいね」をしてください!

「いいね」が増えるとテンションが上がって、更にいい記事を書く励みになります(^^)