「5年で1,000万円プレイヤーになる!」キャリア・デザイン講座、1,000万円を目指すとはどういうことかを整理できました

シェアする

お金に不自由のない人生を実現したい!

そのためには何を描くのか、それを見つめ直すセミナー参加してきました。

スポンサーリンク

「5年で1,000万円プレイヤーになる」ためのキャリア・デザイン講座

12月上旬に開催されたこのイベントは

経済評論家の勝間和代さん、ラストラールの石元聖子さん、松風の谷本勲さん

というお三方による、コラボのセミナーでした。

IMG_3881.JPG 

今回も約80名の参加者が即日満員だったそうで、

30代~40代の男女キャリアパーソンを中心に、たくさんの方が来ていました。

ちょっと到着が遅れたんですが、3人掛けテーブルの真ん中が空いていたので

2列目の席をゲット。こういうイベントは、できるだけ前で受講するに限ります!

年収1,000万円とはどういうことか、まずはそれを学ぶ

イベント自体は、大きくは二部構成でした。

IMG_3882.JPG 

まずはじめは、石元聖子さんによる講義

各種統計データなどを用いながら

業態ごとの平均年収、会社の規模ごとの違いを学びました。

端的に思ったことをいくつかまとめると

● 一部の大手企業なら、30代半ば~40代(課長クラス)で1000万円に到達する

● 中小企業の場合は、取締役クラスでないと到達しないことがほとんど

そしてもう一つ、とても重要なのに見落としていたのが

● 税込み年収1000万円と手取り年収1000万円は、全く違う

税込みで1000万円の場合、税引き後ではおよそ724万円

(例: 夫40代前半、妻専業主婦、子ども小学生2人の場合)

一方、手取り年収1000万円を実現するには、税込み年収1500万円ほどが必要

(=ボーナスなしだとして、月収120万円相当ですね)

なるほどねーーー。

1000万円プレイヤーになる、その選択肢を見直す機会

そして後半では、谷本勲さんによる講義

・ 上場企業/中小企業の管理職/専門職

・ 外資系企業の管理職/専門職

・ コンサルティングファームのコンサルタント

・ ベンチャー企業のコアメンバー

・ 独立/起業

5つのフィールド属性ごとに、1000万円を目指すとはどういうことなのかを学びました。

このように選択肢を示してもらうことで、

この道なら目指せそう!

逆に、この選択肢は外しておこう (よほどのご縁やチャンスがない限り、非現実的)

という、自分のキャリアプランを見つめなおすために

考え方の見直しができた気がします。それが一番の収穫でしたね。

セミナー参加者は、石元聖子さんから無料コンサルを受けられるとのことで

さっそく申し込みました。1月上旬~中旬にはアドバイスをいただけそうなので楽しみです!

年収1000万円を、時給換算で考えることも大事!?

もう一つ思ったことがこれです。

年収で考えることよりも、時給換算が大事じゃない!?

極論でいうと、

1日8時間勤務、年間休日125日(=土日祝休み)で年収500万円 → 時給およそ2,604円

1日14時間勤務、年間休日80日(=月6日+α)で年収1000万円 → 時給およそ2,506円

→この場合、時給換算で見ると、前者のほうが高収入になります。

では、どちらの環境の方が自分にとって嬉しいのか

それが結局、どんな生き方を送りたいのかという価値観につながっていると思いました。

● 今はたくさんの出逢いを活かし、環境の違う人と接点を持ちつづけよう

● お金を稼いでいる人が集まる場に行き、どういう会話や思考回路なのか学ぼう

ということを、改めて肝に銘じたイベントでした。

キャリア・デザイン講座のご案内はコチラ

いい記事でしたら、クリックいただけると励みになります!

 

  にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ  ブログランキング ドット ネット

ブログランキング  



Facebookに、Golfunのファンページを作りました!

下の画像をクリックして「いいね」をしてください!

「いいね」が増えるとテンションが上がって、更にいい記事を書く励みになります(^^)