フルマラソンで4時間を切る! ―有森裕子著。「失速率」という概念と、日本陸上界で複数メダル獲得の唯一の選手なのが詰まった本

シェアする

横浜マラソン2015まで、あと5か月弱

まずはとことん座学でお勉強、その4冊目に突入しました!

スポンサーリンク

有森裕子著: フルマラソンで4時間を切る!

今回取り上げるのはこの一冊です。

有森裕子選手といえば、誰もが知っている有名ランナー。

1992年バルセロナ五輪で銀、1996年アトランタ五輪で銅と

2大会連続でメダルを獲得。今でもオリンピックの陸上競技で

複数メダルを獲得した唯一の日本人 という選手です。

有森選手の自伝+トレーニング方法もわかる本

IMG_2854.JPG

マラソン本に限らず、1つの同じテーマの本を何冊も集中して読むと

本の構成や特徴がつかめたり

「あぁ、この本でも同じこと言っていたなぁ」という原則がわかったりしますよね。

この本で特徴的なのは、有森裕子という選手の魅力と内容が詰まっている こと。

1章では、有森裕子選手の自伝のような形式でマラソンの魅力をお届けし

2~4章は、シューズやウェア、そしてサブ4を目指す走り方などを紹介

そして、この後の第5章が実に面白く

メダルを獲るに至った自身のトレーニングについて、詳しく知ることができます。

巻末には、有森裕子選手が走ったことのある

大好きな市民マラソン大会ベスト10の紹介も掲載。

マラソンというスポーツが好きになると、

日本中だけでなく、旅行しながら海外の市民マラソンにも出るのもいいなぁ~。

そんな妄想を掻き立てられる一冊です。

有森選手は、肉体的な苦痛に耐える力がずば抜けている

この著作でも、監督であった小出義雄監督の著作でも

有森選手の評価は、肉体的には速く走る才能を持っていなかった

では何故、その選手がオリンピックで2つのメダルを獲得するに至ったのか。

同年代のライバル選手でもあった、山下佐知子選手のコメントに凝縮されています。

「ペタペタとゴキブリのように地を這うような感じで走る。

一般的な才能はないと思うが、肉体的な苦痛に耐える力はずば抜けたものがある」

とにかく、肉体的な苦痛に耐える。それ以上に、精神面でも苦痛に耐える。

そんな姿や考えが、本の随所に出てきます(特に前半の自伝部分)

中でも特に印象に残った言葉は、

● 我慢していると思っているうちは、まだまだ本物じゃない

● 優勝の文字はなぜか優しいと書く。 本当に強い勝者は優しい心を持っている

(高石ともやさんの、「君はランナー」という歌の1フレーズだそうです)

● ゴールしたあとは、体が炎症を起こしているので、できたらすぐに水風呂で半身浴をする。

(冬場で寒いときなら、足だけでも水につけたり)

● 今日練習で全力が出せなかったら、試合でも全力で走れないと思って頑張りました。

とにかく、一つ一つのメッセージが、熱いというよりも重くて濃い。

そして更に、走りにおいてものすごく参考になった考え方がありました。

30キロ以降の失速率を計算に入れたレースペース

この考え方、実は他の本には全く書いてありません。

ですが、フルマラソンを最後まで同じペースで走り続けるのは実に大変。

それなら、最初から失速することを想定してレースペースを考えよう!

この計算によると、

サブ4、30キロを過ぎてから20%のペースダウンがあるとすれば

1キロ5分20秒、5キロ26分40秒、10キロ53分20秒のペースで走らなければなりません。

試しに、必要なレースペースの算出表をつくってみました。

30キロ以降の失速率20%、10%の2パターンでまとめています。

pacedown

つまり、サブ4を目指す場合、失速率10%だとしても

30キロをキロ5分30秒ペースで走るのが必要なんですねー。ふむふむ。

全く失速しないのであれば、キロ5分40秒ペースでサブ4を達成できますが

その場合、30キロ以降で1.5%(キロ5秒)失速しただけで、4時間を超えるんです。

言われてみれば、ものすごく納得な考え方!

ただ走るだけでなく、選手の立場からのマラソンを知り

更には、有森裕子選手の魅力やストイックさ(執念)が伝わってくる。

そんな気持ちにさせてくれる一冊でした!

いい記事でしたら、クリックいただけると励みになります!

 

  にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ  ブログランキング ドット ネット

ブログランキング  

ブログランキング



Facebookに、Golfunのファンページを作りました!

下の画像をクリックして「いいね」をしてください!

「いいね」が増えるとテンションが上がって、更にいい記事を書く励みになります(^^)