「ゴルフデータ革命」を活かしてスコアアップするために、自分のラウンドデータを抽出して検証しはじめました

シェアする

ゴルフ界の歴史に残るであろう名著 「ゴルフデータ革命」

データを活かして上達するために、自分のデータを取ることに決めました。

スポンサーリンク

ゴルフデータ革命 とは?

2014年6月に発刊された本で

スコアの「差」を生み出す原因を、とにかくデータで解き明かす

今までのゴルフ界の歴史を覆すような一冊なんです。

ゴルフデータ革命 書評はコチラからどうぞ!

目から鱗とは、まさしくこのことか!

という驚きの連続で、とにかくすごかったんですよ。

ただ、感動して意識するだけでは、もったいなさすぎる内容。

何とかうまく応用して、自分の上達にも繋げられないものか!?

ということで・・・、 自分のデータを取り始めることにしました!

まず、分析したいデータを考えてみました

そもそも、どんなデータを自分が欲しているのかを見つめなおしました。

すると、大きくは以下の点に集約されました。

● 大前提は、スコアアップにつながるため

● ゴルフネットワークプラスで抽出できるデータは取らない(二度手間を防ぐ)

→ フェアウェイキープ率、パーオン率、パット数などは

ゴルフネットワークプラスのデータを、そのまま活かすことに。

IMG_2298.PNG

そして、自分の抽出したいデータが見えてきました。

● ショット&アプローチ: 残り距離ごと、番手ごとの精度を知りたい

● パッティング: 距離ごとの入る確率を知りたい

抽出したい項目が見えたので、事前準備です。

A6サイズ(ポケットサイズ)のノート1冊と、ボールペン1本

IMG_2296.JPG

ラウンド中の全ショットの記録を取りました

A6サイズのノートに、こんな表を書いてみました(とりあえず手書きで)

各ホール・番手ごとの「残り距離」「使用番手」「結果」の3項目を用意して

ホール間の移動中や待っている間に、コマメに記録します。

IMG_2297.JPG 

残り距離の計測には、こちらを使いました。

要は、ヤーデージ杭や目測だけでなく、いつも同じ条件で測定するのが肝です。

キャップに取り付けて、ボタンを押すだけで残り距離を伝えてくれるので

測定の手間を省きやすいんですよ。

後で統計にすればいいので、1ヤード単位で記録

パッティングは歩測をもとに、おおよそ50センチ単位で記録しました。

分析用の元データをつくってみました

ラウンドの後に自宅のPCで、分析用の元データをつくってみました。

EXCELで元データの作成です。

まずは、パッティングから。

これはシンプルに、「残り距離」と「入った(○)/入らず(×)」で。 

タップインは除いて、0.5m以上のみを入力です。

putting

ショットとアプローチは、もう少し細かく調べたいので

「ヤード(→5ヤード単位に換算)」「番手」「結果」という項目にしました。

※5ヤード単位に換算の書式は、「=CEILING(変換したい場所,5)」

shot

ここでいうショットとは、オングリーンを狙うショット(基本的には、200ヤード以内) 

そして、距離ごとの精度をもっと詳しく調べたいので、結果を5段階に分けてみました。

◎: ±3%以内 (例:150ヤード→5ヤード以内のオングリーン)

○: ±5%以内

△: ±10%以内

×: グリーンオンせず

OB: ペナルティ(OB、ハザードなど)

ショットもパットも、1ラウンドにつき25~30回分は入力できますね。

月1回ラウンドだとして、年間で300ショットほど

これだけのデータが集まれば、おおよその傾向はつかめそうです!

10ラウンドほどしたら、データ分析をしてみます!

将来的な統計イメージが、こちら。

putting2

ゴルフデータ革命、83ページの表をグラフにしたもので

ツアー選手、スクラッチプレイヤー、平均スコア90のそれぞれの

距離ごとの1パットの確率を表しています

(縦軸=%、横軸=カップまでの距離(1フィート=約30センチ))

ショットも同じように、残り距離や番手ごとの得意不得意が現れるはず。

それで得意なエリアがわかれば、徹底してそれを活用したり

苦手なものをつかんで反復練習をしたり。

2014年の年末までデータを蓄積して、分析しようと進めています!

いい記事でしたら、クリックいただけると励みになります!

 

  にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ  ブログランキング ドット ネット

ブログランキング  



Facebookに、Golfunのファンページを作りました!

下の画像をクリックして「いいね」をしてください!

「いいね」が増えるとテンションが上がって、更にいい記事を書く励みになります(^^)