ALSアイスバケツチャレンジ、勝間和代さんのチャレンジに一緒に参加!まさかの自分もびしょ濡れに・・・

シェアする

世間で超話題になっている、氷水を浴びるイベント

ALSアイスバケツチャレンジに参加してみました!

スポンサーリンク

ALSアイスバケツチャレンジとは?

いま超話題になっている、ALSアイスバケツチャレンジ(アイスバケットチャレンジ)とは

ALS(筋萎縮性側索硬化症)という有効な治療法がない難病の

患者と団体を支援する募金イベント。

指名されると「米ALS協会への寄付」または「頭から氷水をかぶる」

のどちらかを24時間以内に行い、かつ3名の指名をするというチャレンジイベントで

世界中の著名人を中心に一気に賛同者が増えて、すごい勢いで広がっています。

ゴルフ界でもどんどん広まっていて

タイガー・ウッズとロリー・マキロイがお互いに氷水を浴びせたり

※ちなみにこの後、2人は以下の人たちを指名しています

タイガー・ウッズ:

→ ラファエル・ナダル(テニス選手)、フィル・ナイト(ナイキ創業者)

ロリー・マキロイ:

→ ジョージ・W・ブッシュ(元米大統領)、ウェイン・ルーニー(イングランド代表)、メーガン・マークル(女優)

他にも、トム・ワトソン、リッキー・ファウラー、セルヒオ・ガルシア、イアン・ポールターなど

国を超えてどんどんどんどん、賛同者が増えています! 

勝間和代さんの前座をやることに・・・

その流れの一環で、経済評論家の勝間和代さんにも回ってきたんです。

回ってきたちょうどその日が、勝間塾で毎月1回の月例会(=勉強会)

その後のオフ会の司会が、またまた私という状況・・・(笑)

事前準備していた予定をぜ~んぶ吹き飛ばして、

アイスバケツチャレンジをメインイベントとすることに!

まずは、イトーヨーカドーでバケツを購入。

6個まとめ買いしたら、店員のおばちゃんの目がテンになってました(笑)

これを担いで山手線に乗り、持ち運ぶのはなかなかハードでしたよ~。

IMG_2106.JPG

「みんなからかけられたい」 と勝間さんからの指示があったので

男性陣で、張り切ってバケツと氷をたくさん用意しました。

P1140534

さぁ準備も整ったところで、会場のみなさんに勝間さんから説明

その後にみなさんがお店の外に出て~

P1140538

・・・んんん!? 

バケツの目の前に幹事の一人が陣取っていました。

まさか自ら氷水を浴びたいの・・・!?

あおったら躊躇してしまったので (そりゃそうか・・・スーツだもんね)

もはや責任払いをするしかない、体を張るしかない雰囲気。

ということで、うりゃ~!!!

IMGP2313

勝間和代さん&勝間塾のみんなと、いざ本番!

で、自分が前座をやってみてわかったこと。

バケツの水が多いと、重すぎてバケツが頭上まで持ち上がらない(笑)

(ちなみに、13リットルのバケツを使用)

なので、水を2/3ぐらいに減らして

オフ会の参加者から、氷水をかけたい人をその場で呼びかけて

こんどこそ、いざ本番っ!!!

勝間和代さんのALSアイスバケツチャレンジ

ついでに、氷水をかぶったもの同志の記念に一枚

katsuma

勝間塾の塾生みんなにも、すごく印象に残ったと思います。

こうやって身近なところから、ALSが認知され広がれば意味ありますもんね!

勝間和代さんの体験ブログはこちら

必死で乾かしながら、ゴルフに応用できそうなアイデアが!

 

さて、替えの洋服なんか持ってきていません。

とはいえ、電車で帰らざるを得ないので

お店のお手洗いでできるかぎり絞って、あとは歩きながら乾かすことに。

濡れた体で山手線に乗車するのは、なかなか勇気がいりました(苦笑)

とはいえやっぱり夏なので、意外と乾くのが早かった!

およそ2時間あれば、ズボンの濡れ具合も気にならないくらいに。

で、ふと思いました。

このサービスをゴルフ場でやったら、すごく良くない!?

例えば、後半の始まる前に全身で水を浴びる

もしくは洋服を冷水に着けて軽く脱水して、

それを着用しながらラウンド

猛暑でラウンドすると汗だくだくで脱水症状になりかけますが

全身がヒンヤリした状態からスタートすれば

その分、体のキレもよくなって、気持ちよくラウンドできる気が!

速乾機能付のシャツやパンツを使えば、すごく簡単に実現可能な気がしました!

どこかのゴルフ場で試してもらえないかなぁ・・・?

いい記事でしたら、クリックいただけると励みになります!

 

  にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ  ブログランキング ドット ネット

ブログランキング  

ブログランキング

Facebookに、Golfunのファンページを作りました!

下の画像をクリックして「いいね」をしてください!

「いいね」が増えるとテンションが上がって、更にいい記事を書く励みになります(^^)